不要なお着物は着物好きな人に譲るのが理想

不要なお着物は着物好きな人に譲るのが理想

「リサイクル」と言えるのかは分かりませんが、タンスの奥に眠っている着物は、着物が好きでちゃんと着てくれる人に譲るのがいちばんだと思っています。

着物のリサイクルショップに売る、ドレスや小物にリメイクしてくれるお店に出して、違った形で再利用するなど方法はほかにもありますが、やはり着物からしてみれば、そのままの形で好きな人に大切にしてもらえるのがいちばん幸せだと思うからです。ただ、洋服と同じで着物も年代や身長・体型などで着る人を選んでしまうので、引き取ってくれる人を探すのはなかなか大変ですが。

そのほかの方法としておもしろいかなと思うのは、着付け教室に寄付する案です。

最近の着付け教室は、自分の着物を持って行かなくても教室で無料で練習用の着物を貸してくれるところが多いです。そういうところに寄付すると喜んでもらえ、これから着物に触れようとしている人に使ってもらえるので、使わずにしまっておくよりもずっと有意義ではないでしょうか。

© Copyright Informations 東京着物買取物語. All Rights Reserved.