着物は買取リサイクルして使うものにチェンジ

着物は買取リサイクルして使うものにチェンジ

今は懐かしい着物とかいらなくなった着物をリサイクルして、みんな、うまく再利用しているみたいですね。

作り替えして、実用的な物に変えるのがオツなんですよ。日傘とか、鞄、てさげ、財布、小物、ぬいぐるみなど、いろいろです。布の感じでは、まだスカートとかにリメイクできる物もあります。

絣とか、藍染の物とかは、夏場などにはいいワンピースにもなり、アクセサリーの大きいのをつけると、全然今でもいけます!山口県の萩の方で、着物の素材を使っていろんな洋服を作っているところをやっていました。ジャンパーまで、結婚式などの留め袖の下の方の裾で作られていて、とても斬新な洋服。とにかく、冒険したような、いろんなのがありました。

今は近くでそういう物を探すんだったら、インターネットですぐにリメイクしてくれる業者を探せますし、とても便利になりました。せっかくの着物でも、袖を一度も通さない物もありますし、この際、思い切って自分でも何か作ってみようかと思っています。たちまちは、ふろ敷が何枚もほしいです。ビニール袋の削減のため、着物の柄のちらっと見えるかわいい部分で。人にあげてもいいんじゃないですかね?

伝統工芸の紬のお着物「買取のポイント」

伝統工芸の紬のお着物「買取のポイント」

着物買取では、人気のある着物が高く買取をされますが、他にも伝統工芸の紬などが、高く買取をされます。

着物買取では伝統工芸の紬は特に高く査定をされて、買取に持ち込めば高く買い取ってもらえます。それで伝統工芸の証である証紙を一緒に持っていけば、その着物の価値が高く評価されて、さらに高く買取をしてもらえます。

伝統工芸の紬は希少性が高く、作業工程が多いものほど価値が高くなる為、買取業者は高く買取します。

ただ伝統工芸でも、見分けが付かないレベルだと、普通の紬と同じ扱いになります。だから買取には必ず証紙を付けて、伝統工芸の着物だと証明をしてから査定をしてもらわないと、着物買取業者に高く買取をしてもらえないです。

c Copyright Informations 東京着物買取物語. All Rights Reserved.